単行本
単行本

続・詩歌の待ち伏せ

北村薫

  • 定価:本体1,381円+税
  • 発売日:2005年04月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

読者を啓蒙してくれる豊かな北村ワールド

プレヴェール、李白、堀口大學…著者の温厚な知性、豊かな教養と瑞々しい感性により読者を心地よく耕してくれる詩歌ワールド第3弾

担当編集者より
プレヴェールの詩「朝食」。内藤濯、小笠原豊樹、平田文也、北川冬彦、大岡信の5人の手になる翻訳に触れ、各人各様の違った世界に驚く。若い女性詩人・天野慶の初期のいじめを扱った連作「おくじょう/中学二年、ふゆ」から数年を経た作品の柔らかな明るさに、その裏に流れる著者の軌跡に思いを馳せる……。ほかに李白、堀口大學など。さらには、この本で初めて知った木村信子、ドイツの詩人ドロステ=ヒュルスホフ。北村さんの豊かな教養と感性が読者を心地よく啓蒙してくれる詩歌ワールド、待望の第3弾です。(HT)
商品情報
書名(カナ) ゾクシイカノマチブセ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2005年04月15日
ISBN 978-4-16-366850-5
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く