単行本
単行本

この国のけじめ

藤原正彦

  • 定価:本体1,190円+税
  • 発売日:2006年04月14日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

子供の“個性”なんか、踏みにじれ

日本再生の鍵は、江戸期の寺子屋教育にある。子供たちに生きる力を与える「真の教育」とは何かを、情熱こめて語る最新エッセイ集

担当編集者より
文藝春秋3月号に掲載された力編「愚かなり、市場原理信奉者」(本書収録)も、読者の圧倒的な反響を呼び起こし、藤原さんの破竹の快進撃はいまやとどまるところを知りません。祖国と家族への深い愛に満ちた言葉の数々が、現代人に一番欠けているもののありかを教えてくれるからでしょう。過去3年間に各紙・誌に発表されたもののなかから、痛快な時事評論、意表を衝く教育論、爆笑を誘う身辺随想など傑作を精選。「遅れてきた日本男児」(山本夏彦氏の評)のすべてを網羅した、決定版アンソロジーが完成しました。(UH)
商品情報
書名(カナ) コノクニノケジメ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2006年04月15日
ISBN 978-4-16-367800-9
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く