作品紹介

「四字熟語」を書名にした辞書はどのように使われているのか?

日本人の漢字コンプレックスを鋭くついた表題作をはじめ、歌、音訓の問題、文人たちの逸話など、言葉をめぐる面白エッセイが満載!

担当編集者より
『四字熟語辞典』なんていう類の本がたくさんあって結構売れているらしいのですが、それには「官官接待」なんていう流行語まで入っている。こんなのも四字熟語? と首を傾げつつ高島先生が現代社会の言葉の迷路に分け入っていく表題作を始め、歌、地名、文藝の世界をたどり、果ては日本国憲法の構文のおかしさまで論じてしまわれる。言葉の海を自在に散策して、その折々に発せられる高島節は、シリーズ第十巻にあってもますます快調です。(TY)
商品情報
書名(カナ) チョットヘンダゾヨジジュクゴ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2006年03月10日
ISBN 978-4-16-367980-8
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く