作品紹介

昭和はどこへ行ったか。小泉圧勝の一年間の総決算

小泉自民党の圧勝に終わった総選挙、子供たちが殺され、耐震強度は偽装され……戦後60年を迎え、あらためて昭和という時代を検証

担当編集者より
「週刊文春」連載のエッセイは、大好評のうちに400回を迎えました。週刊誌1年分を1冊にまとめて、本作で8冊を数えます。世相から身辺雑記にいたるまで、人物、本、映画やラジオについての文章には、否応なくその時代が影を落としています。それは「時代観察の達人」としての著者の美質にほかならないのですが、年1冊のクロニクルとして、読み通すとあらたにその1年の姿が見えてくるということでもあります。2005年はとりわけ「昭和」に思いをはせた年でもありました。(NY)
商品情報
書名(カナ) ショウワノマボロシ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2006年04月25日
ISBN 978-4-16-368070-5
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く