単行本
単行本

やっぱり、イギリス人はおかしい

高尾慶子

  • 定価:本体1,667円+税
  • 発売日:2006年10月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

新聞記者も大学教授も書けなかった「イギリスの素顔」

ロンドンの下町に暮らし、イギリスの現実を辛口にレポートする著者が見た、チャールズの再婚、自爆テロなど、最新ロンドン事情

担当編集者より
ズバリ辛口で日本と英国を斬ってみせた『イギリス人はおかしい』の著者の最新作。ロンドンの自爆テロ、チャールズとカミーラの結婚、ヨハネ・パウロ二世の葬儀、アテネ・オリンピックをめぐるイギリス人のスポーツ論議についてなど、率直、公平、本音がモットーの「高尾慶子節」が絶好調。中国の反日デモや、日本の政治家論、日本人駐在員の妻たちの行状、ロンドン・ダイエーの没落、日本に帰国したがらない若者たち。「大志」のない若者論など、日本についての話題もあります。(OS)
商品情報
書名(カナ) ヤッパリイギリスジンハオカシイ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2006年10月15日
ISBN 978-4-16-368510-6
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く