作品紹介

孔子とコノワタと大根おろしの取り合わせとは?

太古、貝が貨幣とされたエロチックな理由とは? 古今東西のゴシップから最新の研究まで、縦横無尽に綴る抱腹、納得のエッセイ集

担当編集者より
「遅刻論」「宴会の研究」「桜餅屋の十五の娘」「孔子とコノワタと大根おろし」……。各章のタイトルを並べていくだけで、いったいどんなお話か、興味津々でしょう。ご存じ丸谷さんの教養満載、抱腹絶倒。役にはたたないけれど、知ると知らぬでは人間の格が変わるという名エッセイの最新刊です。ちょっとだけお教えすると、幕末の向島の桜餅屋の美女が、日本の歴史をどう変えてしまったか? 周恩来と金日成と田中角さんが共に舌つづみを打った食べ物とは? さあ、答えは本の中で。(MT)
商品情報
書名(カナ) スゴロクデトウカイドウ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2006年11月15日
ISBN 978-4-16-368550-2
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く