単行本
単行本

草原のラーゲリ

細川呉港

  • 定価:本体2,476円+税
  • 発売日:2007年03月28日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

幽閉生活35年、ハルピン学院卒の老・内モンゴル人が語る知られざる戦後史

満州帝国官吏から外モンゴルへの留学が落し穴だった! 中共へ引き渡された主人公は、内陸への漢人浸透と迫害をつぶさに見た

担当編集者より
本書の主人公、ソヨルジャブさんは1925年、大興安嶺の西ホロンバイルの地に生を享けた内モンゴル人。秀才の誉れ高く、ハルピン学院を卒業して興安北省庁に勤め始めたところから物語が動きだす。45年8月9日、ソ連・モンゴル連合軍が満洲に侵攻したのだ。日本人に代わって内モンゴルの地を支配するのはソ連、外モンゴル、中華民国、中共それとも自治政府か。激変する情勢の中で主人公がたどる運命は?日本人が知ることが出来なかった大陸最奥の地の歴史が、今語られる!(TY)
商品情報
書名(カナ) ソウゲンノラーゲリ
ページ数 472ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年03月30日
ISBN 978-4-16-369010-0
Cコード 0095

著者

細川 呉港

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く