単行本
単行本

ワシントンのうた

庄野潤三

  • 定価:本体1,238円+税
  • 発売日:2007年04月25日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

子供のころ、青年時代のことなどを書いてみたい

ワシントンと桜の木の話を読んだ私は歌をつくった。のんびりやの変な子であったらしい——ゆるやかに半生を綴る記念碑的作品

担当編集者より
子供がみな結婚して、「山の上の家」に2人残された老夫婦の穏やかな日常を、『貝がらと海の音』から『けい子ちゃんのゆかた』までの10作で描き続けてきた庄野さん。今回は、「子供のころ、作家を志望するようになった青年時代のことなどを書いてみたい」と、とんぼ取りが好きだった少年時代から、文学の先輩たちとの出会い、作家生活に入り、「山の上の家」を建てるようになるまでをゆるやかに回想します。この10年の仕事にひと区切りつける、記念碑的作品となりました。(TM)
商品情報
書名(カナ) ワシントンノウタ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年04月25日
ISBN 978-4-16-369040-7
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く