単行本
単行本

点訳死刑囚 二宮邦彦の罪と罰刑場に消ゆ

矢貫 隆

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:2007年08月07日

作品紹介

1500冊の点字本を遺した死刑囚の生涯

昭和48年、ある死刑囚の刑が執行された。1500冊にのぼる点字本を遺した死刑囚・二宮の一生をたどる気鋭のノンフィクション

担当編集者より
昭和48(1973)年5月11日、福岡拘置所で一人の死刑囚が刑場に消えました。二宮邦彦、享年48。「あと10時間ほどで地上から消えますが、心はふだんと全く変わりません」と彼の遺書には書かれています。刑が確定してからの13年間、彼は獄中で目の不自由な人のための点字本を打つことに打ち込みました。その数、1500冊。最後に取り組んでいたのは『罪と罰』でした。真面目な一銀行員がなぜ死刑囚となったのか。彼が点訳書に託した贖罪とは? ノンフィクション・ライター矢貫隆さんが渾身の取材で執筆した衝撃作です。(YF)
商品情報
書名(カナ) テンヤクシケイシュウニノミヤクニヒコノツミトバツ ケイジョウニキユ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年08月05日
ISBN 978-4-16-369350-7
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く