単行本
単行本

十代の留学が子供の未来をひらく

津田倫男

  • 定価:本体1,571円+税
  • 発売日:2007年09月25日

作品紹介

可愛い子だからこそ、早く外国に出したほうがいい!

「早く子供を海外に出してよかった」と思う時代が必ずくる! 高校留学を知りつくした企業アドバイザーが10代の留学を徹底ガイド

担当編集者より
先日の日経新聞にも掲載されていましたが、進学校と言われる高校の優秀な生徒たちが東大よりハーバード大学進学を目指すという動きが出てきたそうです。高校時代にAFSの留学プログラムでアメリカに留学し、さらに日本企業に入ってからスタンフォード大学大学院に留学した経験を持つ津田氏は「20代になってからの留学より、10代(中学後半〜高校)での留学のほうが人生に大きな影響を持つ。語学習得の面でも有利」と断言しています。日本の教育システムに飽き足らない方たちに、ぜひ読んでいただきたい役立つ一冊です。(YF)
商品情報
書名(カナ) ジュウダイノリュウガクガコドモノミライヲヒラク
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2007年09月25日
ISBN 978-4-16-369500-6
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く