作品紹介

テスト生出身と町会議員出身の苦労人・悪役が語る人材論

二人の仇敵は長嶋茂雄と小泉純一郎。人気先行の統率がいかに球界と政界を堕落させたのか。成り上がりだけが語れる格差社会大批判

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
ともに京都府に生まれ、町会議員から自民党幹事長まで上り詰めた大物政治家と、テスト生入団から、日本シリーズ三回優勝を勝ち得た名将の異色の対論です。野中氏には小泉純一郎、野村氏には長嶋茂雄というスーパースターの仇敵が存在しました。そして、二人とマスコミによって、彼らは「憎まれ役」にされてしまいます。人気先行、視聴率重視の統率がいかに人心を荒廃させ、組織をダメにしてしまうか。巨人軍の凋落と、先般の参院選での自民党の大敗は、こうしたパフォーマンスリーダーの限界を意味しています。苦しい境涯から這い上がった二人にしかわからない格差社会の問題点と、勝ち組、人気者指向の日本への歯に衣着せぬ大討論に耳を傾けてください。(SK)
商品情報
書名(カナ) ニクマレヤク
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2007年10月15日
ISBN 978-4-16-369550-1
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く