単行本
単行本

洗脳・煽動・歪曲の数々暴走する「地球温暖化」論

武田邦彦 池田清彦 渡辺 正

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:2007年12月14日

作品紹介

「地球」は人類の助けを必要としているのか

地球温暖化、遺伝子組換食品、添加物等々が環境や健康を破壊しているというのは本当か。各界の専門家が「最大のタブー」に挑戦

担当編集者より
『不都合な真実』のゴア氏やIPCCがノーベル平和賞を受賞し、地球温暖化の恐怖がますます叫ばれている今日だからこそ、こういうタイトルの本を出す必要があるのではと考えました。よくよく考えれば、人為的な理由以外で温暖化は起きていないのか、温暖化は人類にとってマイナスだらけなのか、環境破壊の真因は他にあるのではないか……といった疑問が多々浮かんできます。その疑問に明快に答え、環境危機を煽る愚を追求する本書にご注目を。(ST)
商品情報
書名(カナ) センノウセンドウワイキョクノカズカズ ボウソウスルチキュウオンダンカロン
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年12月15日
ISBN 978-4-16-369890-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く