単行本
単行本

くじら日和

山本一力

  • 定価:本体1,333円+税
  • 発売日:2008年02月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

いま最も多忙な時代小説作家の日常と意見!

やんちゃな息子たちに振り回される日常から、お気に入りの食べ物や映画、歌、そして忘れられない人たち。珠玉の泣き笑いエッセイ

担当編集者より
昔ながらの職人仕事を今もしっかりと続けているお気に入りのお店を紹介し、まだ日本が貧しくつつましやかだった時代の思い出を語り、大好きな小説や映画の魅力を力説し、かみさんややんちゃな息子たちのエピソードで笑いを誘う。お馴染みの痛快エッセイがまたまた登場します。直木賞受賞直後の2002年6月から始まった「週刊文春」連載エッセイ(「おらんくの池」→「にこにこ貧乏」)の掉尾を飾る一冊です。(AK)
商品情報
書名(カナ) クジラビヨリ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 小B6判 上製 カバー装
初版奥付日 2008年02月15日
ISBN 978-4-16-369920-2
Cコード C0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く