単行本
単行本

米中の宥和政策にも負けない私は金正日との闘いを止めない

櫻井よしこ編

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2008年03月28日

作品紹介

9・17の怒りと嘆きを忘れまい!

横田夫妻をはじめとする拉致被害者家族や国際政治学者と共に北朝鮮・金正日の蛮行を改めて検証・糾弾し日本の取るべき道を追求する

担当編集者より
前著『日本よ、「歴史力」を磨け』に続く櫻井さんの憂国の書です。拉致被害者の家族である横田滋・早紀江夫妻、増元照明氏をはじめ中山恭子氏、西岡力氏、荒木和博氏、田久保忠衛氏など拉致と闘う識者たちとの対談・座談会を収録しています。そして櫻井さんの渾身の書下し論文も。北朝鮮の核実験を前にしてアメリカ・ブッシュ政権さえも宥和的になってしまい、いつまでも拉致ではない、もっと柔軟にしないとバスに乗り遅れる……といった声が国内でも高まる中、あえて反論を試みています。(ST)
商品情報
書名(カナ) ベイチュウノユウワセイサクニモマケナイ ワタシハキムジョンイルトノタタカイヲヤメナイ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年03月30日
ISBN 978-4-16-370080-9
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く