作品紹介

懐かしき「失われた日本」をミャンマーに見つけた!

祭りの夜、路地を行く家族連れ。陽光のそそぐ公園の老人たち。軍政下でも人々の顔は未来へ輝く。そこにはかつての日本があった

担当編集者より
乃南さんは、初めて仕事でミャンマーに行って、たちまちその魅力に強く惹かれたそうです。以来、3度、ミャンマーに行きました。月明かりにうっすら照らされた夜の路地を歩いて、お祭りに行く家族連れのにこやかな笑顔や、午前の光のそそぐ公園で、ゆったりとした時間をすごす老人たち。軍政下でありながら、町の人々の顔は輝き、子供達の、未来を感じさせる笑顔も活力があるといいます。乃南さんは、そこに幼き頃に経験した、かつての日本の光景を強く感じたそうです。再訪の願いを強く持っているものの、昨年の戒厳令以降、軍政の緊張状態のため、入国できませんが、そんなミャンマーの魅力を、坂齊清さんの写真とともに、書いておきたい、というのが本書です。(OS)
商品情報
書名(カナ) ウシナワレルアジアノフルサト ミャンマー
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2008年06月15日
ISBN 978-4-16-370140-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く