単行本
単行本

ゆらぐ脳

池谷裕二 木村俊介

  • 定価:本体1,238円+税
  • 発売日:2008年08月11日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

サルでもわかる脳科学の最前線!

脳科学界の俊英が解き明かす「脳のゆらぎ」。研究生活を総括しつつ、脳の根源、はたまた、大テーマ「生命とは何か?」にも挑む野心作

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
ベストセラー『海馬』でおなじみ池谷裕二さん(東京大学大学院薬学系研究科准教授)は、世界最高峰の科学雑誌『サイエンス』にも論文が掲載されるほどの最前線で活躍する科学者です。『海馬』でインタビュー・構成をした気鋭のライター木村俊介さんが、今度は脳科学の内側だけでなく、その人間的側面にも迫ります。●「科学にはプレゼン能力が必須です。プレゼン能力がなければ予算は獲得できません」●「進むほど『わからない』のが増えるのが科学です。謙虚すぎれば、発表がゼロになって、科学の世界での仕事がなくなります」●「科学には再現性が不可欠です。しかし、1回かぎりの脳の行動=揺らぎが脳の重大な役割を果たす。この非科学的だが、とても人間的な行為を研究するのが今の脳科学の使命です」ビジネスの世界にも通用する脳科学最先端の物語。(SK)
商品情報
書名(カナ) ユラグノウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 ニューハードカバー装
初版奥付日 2008年08月10日
ISBN 978-4-16-370250-6
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く