単行本
単行本

未刊行エッセイ集帰省

藤沢周平

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:2008年07月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

藤沢周平の埋もれていた貴重なエッセイを発掘

没後11年。ますます人気の高まっている作家、藤沢周平。その埋もれていたエッセイを発掘し、1冊の本にまとめたファン待望の試み

担当編集者より
没後もなお人気が高まるばかりの国民的作家・藤沢周平。今まで単行本・文庫本に収められてこなかったエッセイを1冊にまとめる。愛娘を温かな眼差しで見守ったり、苦手な講演に冷や汗をかいたり、氏の日常が鮮やかに蘇る。長塚節、清河八郎など藤沢作品の主人公を論じた評論や、政治的なことからは距離をおいた氏には珍しく三島由紀夫の自決に言及している文章もある。駆けだし作家時代から晩年まで、どの文章を読んでも「ああ、紛れもなく藤沢周平だなあ」と感じさせる。決して驕(おご)らず、「普通が一番」と言い続けた作家の言葉は、静かだけれど、胸に沁みる。(IT)
商品情報
書名(カナ) ミカンコウエッセイシュウ キセイ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年07月30日
ISBN 978-4-16-370350-3
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く