作品紹介

誰も語らなかった「落語」の舞台裏

芸は師匠に、生活面での躾はお内儀さんに鍛えられた日々。いまは亡きお内儀さんと過ごした抱腹絶倒の思い出を弟子たちが初告白

担当編集者より
目白(五代目柳家小さん・小林生代子)、柏木(六代目三遊亭圓生・山崎はな)、黒門町(八代目桂文楽・並河寿江)に弟子入りした落語家の卵たち。師匠曰(いわ)く「俺をしくじっても内儀さんだけはしくじるな」。この忠告を軽んじたばかりに大変な目に遭遇? 「俺は」を連発する内儀さん、弟子と一緒に風呂に入る内儀さん……。昭和の良き時代を想起させる落語界の知られざる内幕を、川柳川柳、鈴々舎馬風、柳亭左楽……の面々が語り尽くします。(ST)
商品情報
書名(カナ) メジロカシワギクロモンチョウ カミサンダケハシクジルナ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年07月30日
ISBN 978-4-16-370400-5
Cコード 0095

著者

古今亭 八朝編集

岡本 和明編集

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く