作品紹介

作家の貴重な肉声で語る「青春の記憶」

志賀直哉を師と仰ぎ、吉行淳之介、遠藤周作らを友とした著者の昭和の青春を自らの声で語った、貴重な記録。CD付き豪華愛蔵版

担当編集者より
中国放送で2006年10月21日から毎週1回、全13回、「阿川弘之青春の記憶」と題した15分のラジオ番組がありました。阿川さんが故郷・広島での幼い日のこと、10代のころ、そして戦争、終戦、戦後の困窮、志賀直哉さんの思い出、さらに吉行淳之介さん、北杜夫さんらとの交友、旅の思い出などを語りました。この貴重なオーラル・ヒストリーの音源をもとに2枚のCDと1冊の本がひとつの函に入ったCDブックが出来ました。ユーモアを交えたいきいきとした語り口を楽しみながら、昭和という時代を生きた作家の得がたい証言に耳を傾けてください。(NY)
商品情報
書名(カナ) ワガセイシュンノキオク
ページ数 104ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製布装箱入CD付
初版奥付日 2008年08月10日
ISBN 978-4-16-370450-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く