単行本
単行本

朝比奈隆 四つの試練オーケストラ、それは我なり

中丸美繪

  • 定価:本体1,714円+税
  • 発売日:2008年09月26日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

朝比奈隆生誕100年記念、決定版評伝

「ブルックナーの巨匠」であり93歳まで現役の指揮者として大阪フィルを率いた朝比奈隆。生前のインタビューを元に綴る決定版評伝

担当編集者より
2001年10月、朝比奈隆は大阪フィルハーモニーの名古屋公演でタクトを振ります。曲目はチャイコフスキー。戦後、焼け野原となった大阪でオーケストラを立ち上げ、55年間にわたって音楽総監督を務めた93歳の指揮者のラストコンサートとなりました。今年は朝比奈隆生誕100年(カラヤンと同じ)。世界17カ国69ものオーケストラを指揮した名指揮者の生涯を『嬉遊曲、鳴りやまず』で異色の指揮者斎藤秀雄の評伝を綴った中丸氏が描き出します。京都大学を卒業し、音楽大学で学んだことのない朝比奈がいかにして指揮者となったのか、今まで明らかにされてこなかった出生の秘密も解き明かす決定版評伝です。(FY)
商品情報
書名(カナ) アサヒナタカシヨッツノシレン オーケストラソレハワレナリ
ページ数 328ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2008年09月25日
ISBN 978-4-16-370580-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く