作品紹介

12年ぶり、待望のエッセイ集

歴史への目覚め、自作解説、司馬・藤沢文学、中国、趣味のカメラ……瑞々しい随筆の数々。宮城谷文学を知る大いなる手がかりの1冊

担当編集者より
お待たせいたしました。12年ぶりの待望のエッセイ集です。中国に関する随筆はもちろん、好評の新聞連載「湖北だより」、日本語、司馬・藤沢文学……そして、知る人ぞ知る著者の趣味、カメラについて語った貴重なエッセイなどを収録。特に、表題作は、20代のころ、毛嫌いしていた歴史小説を、なぜ著者が書き始めたかという、歴史との邂逅(かいこう)について書かれた秀作です。どのエッセイも読み進めるとそこには、著者の創作に対する姿勢が立ち現れ、著者の小説を深く知る手がかりとなる1冊です。(YN)
商品情報
書名(カナ) タシャガタシャデアルコト
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年02月15日
ISBN 978-4-16-371080-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く