作品紹介

「地産地消」で話題を集めるイタリアン・レストラン

シェフ自らが生産農家や魚市場をまわって素材を吟味していることで知られるアル・ケッチァーノ。全国の食通が集う人気の真相に迫る

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「地産地消」をモットーに、奥田政行シェフ自らが生産者をまわり素材を吟味することで知られるイタリアンの名店アル・ケッチァーノ。庄内は、水が豊かで、山のもの海のものも自在に手に入る土地柄。また、1年の寒暖差が実に50度にも達し、1日の気温差も激しいことが多くの在来作物を生んでいます。野菜、米、果物、山菜、魚介、羊肉……。アル・ケッチァーノを支え、「地方再生」を目指す生産者たちの証言を交え、「食の楽園」の現在を描きます。(IS)
商品情報
書名(カナ) アルケッチァーノトビミナルオトコタチ ショウナイパラディーゾ
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2009年04月25日
ISBN 978-4-16-371110-2
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く