作品紹介

知的にもいろんなありかたがあるんです

『乳と卵』『ヘヴン』で日本文学を刺激し続ける著者の昨今の頭の中身すべて。哲学あり、旅あり、日常あり、回想あり、意見あり、文学あり

担当編集者より
文壇に忽然と出現し「乳と卵」で芥川賞を受賞した川上さん。哲学的長篇『ヘヴン』はいまベストセラーとなっています。その川上さんが『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』に続いて上梓(じょうし)するエッセイ集です。世界クッキーって何でしょう。答えは本書の中にもありません。ただ、短いエッセイの集成を読んでいても、哲学が根本にあることが分かります。身辺雑記や子供の頃の記憶でさえも、思考のフィルターを通っているのです。稀に見る、哲学的教養を備えた、また同時にキュートな作家なのです。笑えて、腑に落ち、時々泣ける極上のエッセイ集です。(OS)
商品情報
書名(カナ) セカイクッキー
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年11月15日
ISBN 978-4-16-371290-1
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く