作品紹介

近代日本は、なぜ「母なるもの」にこだわったのか

自らの母と妹との幼き日々を語りつつ、小林秀雄、内田百閒、中原中也など近代日本の作家を参照して、“女性的なるもの”を考究する

担当編集者より
『批評の精神』や『志賀直哉 近代と神話』など、教養主義にあふれた文藝評論で知られる著者が、自らの幼少時代の思い出、とくに母や妹、あるいは周辺の年上の女性たちとの日々を回想しつつ、中原中也、小林秀雄、内田百【門+月】など、日本近代文学の作家やクラシック音楽に言及して、「女性的なるもの」、とりわけ「母なるもの」をめぐって論を展開した、生の文学的随想。(OS)
商品情報
書名(カナ) キンダイブンガクトオンガクノバショ ハハナルモノ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年05月30日
ISBN 978-4-16-371440-0
Cコード 0095

著者

高橋 英夫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く