作品紹介

時代と格闘した映画作家としての黒澤明を描く

〈世界のクロサワ〉の全作品をその公開時に見ることをつづけてきた著者が書く、時代と格闘してきた映画作家の栄光と挫折、喜びと苦悩

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
日本映画を代表する巨匠のひとり、黒澤明を論じた著作は多い。だが、その全作品を公開時に見て、その感想を仔細に書きとどめていた著者による本書は、その時代時代の空気のなかで、卓越した表現者が時代といかに格闘したかを明らかにし、そしてその時代が抱えていた問題と社会の意識に注目せずには映画は語れないということを強く印象づけます。アマタの黒澤本のなかでも出色の批評眼と愛情、そして厳しさをもった1冊です。(OS)
商品情報
書名(カナ) クロサワアキラトイウジダイ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年09月15日
ISBN 978-4-16-371720-3
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く