作品紹介

漱石の孫が描く夏目家の知られざるエピソード

夏目家の猫たち、漱石の長襦袢の秘密、漱石山房移転をめぐる鏡子夫人と高弟たちの対決。ユーモアたっぷりに綴る珠玉のエッセイ集

担当編集者より
夏目家に居候するようになった猫は、なぜ鏡子夫人に気に入られたのか。鏡子夫人の実家・中根家は、どんな家だったのか。漱石はどんなお洒落を好んだのか。そして、漱石没後の鏡子夫人と高弟たちの迫力ある対決シーン。筆者の半藤さんは夏目漱石の孫娘。親族しか知りえない、文豪の素顔や知られざるエピソードをユーモアたっぷりに綴ります。漱石ファンでなくとも、極上のエッセイを読む楽しみが味わえます。ちなみに、末利子さんの夫君は、昭和史研究家の半藤一利氏。本書にもちらりと登場します。(KI)
商品情報
書名(カナ) ソウセキノナガジュバン
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2009年09月15日
ISBN 978-4-16-371750-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く