作品紹介

それは見えない。しかし、切れる!

タイガー・ウッズが市場シェア下位だったブリヂストンのボールを選んだその陰に知財あり。インテル、トヨタの他、実例満載の知的ビジネス書

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
知的財産……それは素晴らしく切れる刃である。だが、目に見えない。ゴルフボール業界では弱小だったブリヂストン。90年代後半、同社は次世代ボールの特許を完全に押さえたおかげで世界市場を制覇した。いっぽう、同社の特許を盗んだ米国大手メーカーは、巨額の代償を支払う羽目に追い込まれる……。本書で紹介されるさまざまな事例から浮かび上がるのは、「知的財産戦略こそビジネスのすべて」という教訓である。もちろん、出版業界も例外ではない。(KN)
商品情報
書名(カナ) ソノチザイガショウハイヲワケル インビジブルエッジ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年10月15日
ISBN 978-4-16-371990-0
Cコード 0098

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く