作品紹介

彼らは、動物として正しいの?

なぜ「草食系男子」は増えたのか。自然淘汰の理論では説明のつかない、この“逆行”を動物行動学の知見から大マジメに考えてみました

担当編集者より
流行語大賞にもなった「草食男子」ですが、いまや女性にとって、「恋愛やセックスに消極的な草食男子とどうつきあうか」というのは大きなテーマです。竹内さんのところにも、「草食男子を動物行動学的に分析してほしい」との取材依頼が殺到しています。「肉体的な交わりは学園祭の『後片付け』」とまで言い切る草食男子たち。彼らはなぜ草食化したのか。興味津々の書き下ろし恋愛科学エッセイです。(WY)
商品情報
書名(カナ) ドウブツコウドウガクテキオトコエラビ ソウショクダンシレイテンキュウゴノカベ
ページ数 160ページ
判型・造本・装丁 四六判変形 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年02月25日
ISBN 978-4-16-372000-5
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く