作品紹介

歴史探偵が紡ぐ贅沢なエッセイ集!

新発見の山本五十六の恋文から聖徳太子、坂本龍馬まで登場。日本史の一場面を訪ねて、ユーモアたっぷりに解説した歴史こぼれ話集

担当編集者より
歴史探偵として名高い半藤一利さんのエッセイ集。新発見・山本五十六の恋文から聖徳太子、昨今なにかと話題の坂本龍馬までが登場する日本史の一場面を訪ねて、半藤さんならではのユーモアたっぷりに解説した歴史のこぼれ話が満載。一日一話、気になるページから気楽にめくって楽しく知識を得られる1冊です。(AK)
商品情報
書名(カナ) ブラリニホンシサンサク
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2010年04月15日
ISBN 978-4-16-372290-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く