作品紹介

生命の謎を解き明かす発想はこうして生まれた

生命は自己の中に矛盾を内包した存在である……。科学者としての旅路の中から「動的平衡」に続く新たな生命のロジックに到達する

担当編集者より
サイエンスの面白さを語らせたら、福岡ハカセの右に出る人はいません。複雑な概念も平易に叙述し、いつのまにか研究の最前線まで連れて行かれてしまう。そんな福岡ハカセが生命の本質として注目してきた「動的平衡」の概念を、さらに1歩深めたのがこのエッセイ集です。「進化」と「がん化」というアンビバレントな可能性を背負った不完全な存在……あらたな生命像がみえてきます。(KN)
商品情報
書名(カナ) ルリボシカミキリノアオ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年04月25日
ISBN 978-4-16-372430-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く