作品紹介

選びぬかれた言葉が胸に迫る珠玉の随筆集

故郷青森に思いを馳せ、亡き父母を追慕し、作家としての日々をつづる。「オール讀物」巻末に書きつがれてきた随筆をまとめた1冊

担当編集者より
名文家でつとに知られた三浦氏が「オール讀物」の巻末名物コラム「おしまいのページで」に初登場したのは昭和50年。以来35年、年2篇の割で書きつづけられてきた50本近いエッセイをまとめた、まさに珠玉の随筆集。故郷の青森に思いを馳せ、亡き父母を追慕し、作家としての日々をつづる。確かな重みをもった言葉ひとつひとつが、細心の注意を払って配列され、そこには文芸作品ならではの奥深い響きが聞こえてきます。(HY)
商品情報
書名(カナ) オフクロノヨマワリ
ページ数 168ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年06月10日
ISBN 978-4-16-372750-9
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く