作品紹介

難病ALSと闘う「教授」が書き、訴え続ける

テレビで大反響、不治の病ALSと闘い、呼吸器をつけながら、原稿を書く教授の作品が本になりました。日本と天皇制への深い考察です

担当編集者より
クイズ番組でおなじみの篠沢教授が難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に倒れたのは1年前。呼吸器をつけているため、会話はできません。不治の病と闘いながら、教授は文章を書き続けました。テーマは「古代の心」。古代ヨーロッパにはケルト族の寛容なる多神教の世界があり、日本にも天皇制に代表される豊饒たる古代精神があったと説く。古代の英知の尊さを現代に伝える、感動のメッセージです。(HS)
商品情報
書名(カナ) コダイノココロデナンビョウエーエルエストタタカウ イノチツクルトモ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年08月30日
ISBN 978-4-16-372800-1
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く