作品紹介

阿川弘之氏推薦。昭和史の決定的書き換えを迫る、緻密にして大胆な推理

真珠湾攻撃の8日前、山本五十六は「日米戦うべからず」の大バクチを打っていた。五十六の愛国と勇気の全貌が初めて明らかになる!

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
真珠湾攻撃を成功させた連合艦隊司令長官山本五十六は、本心では日米開戦に強く反対していました。山本は昭和16年12月8日のわずか8日前、機動部隊がハワイに向かった後に、「日米戦うべからず」の信念を大バクチともいえる行動に移しました。海軍高官や山本の親友たち誰もが口を閉ざして墓場にまで持っていった秘密を探り当てたのが、この本です。推理小説のような手に汗握る展開の中で、山本五十六の愛国と勇気と胆力の全貌が明らかにされ、昭和史の決定的書き換えを迫る問題作です。(HH)
商品情報
書名(カナ) ヤマモトイソロクノケンコンイッテキ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年07月30日
ISBN 978-4-16-372860-5
Cコード 0095

著者

鳥居 民

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document