作品紹介

その日、坂本龍馬はなぜ抹殺されたか

幕末史最大の謎、龍馬暗殺——誰がなぜこの事件を起こしたのか。諸説を論破し、証言と資料を駆使して暗殺の黒幕に迫った龍馬本の決定版

担当編集者より
坂本龍馬の暗殺は、直後から真犯人をめぐって多くの説が論じられてきました。しかし、これぞ真相という説は現在に至るまでありません。その謎にベストセラー『武士の家計簿』で、歴史学の世界に新しい風を吹き込んだ磯田さんが挑みます。史料を駆使し、これまでの龍馬像とは違う新たな姿を浮かび上がらせ、徹底した現場検証で龍馬暗殺の黒幕を特定します。空前の龍馬ブームの最後を飾る好著です。(MO)
商品情報
書名(カナ) リョウマシ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年09月30日
ISBN 978-4-16-373060-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document