作品紹介

英国で現役記者から聞いた、報道の理念

容疑者の顔写真を逮捕前から掲載、乱痴気パーティーを長文で報道……。なぜ英国の報道はこんなにも「なんでもあり」なのか?

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
事件の関係者は“被害者”ですら情け容赦なく実名を公表する、イギリス流の報道。それは売春婦の連続殺人でも変わることはない。その報道の現場を、日本の通信社記者が現地記者に取材したレポートです。「ジャーナリストは下の下」とうそぶく記者がいれば、「ニュースは人間についてのことでなくてはならない」と強調する記者もいる。「歴史の第一稿」を作る、というニュースの意義を考えさせられます。(NT)
商品情報
書名(カナ) ナゼジツメイニコダワルノカ エイコクシキジケンホウドウ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2010年09月30日
ISBN 978-4-16-373120-9
Cコード 0095

著者

澤 康臣

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document