作品紹介

50代、60代は第二の適齢期です

孤独死なんてイヤ! 人生の後半を明るく生きるために大切な人間関係。51歳で前夫と別居し69歳で再婚した著者のHOW TO

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
『たったひとりの老い支度』(新潮文庫)で、ひとり暮らしの知恵を語り好評を博した岡田信子さんによる書きおろし。社会不安、孤独死が増大する昨今、誰かと手を携えて生きる重要性が見直されています。自身が71歳で再婚した経緯を中心に「第二の適齢期は50代から60代である」という考えのもと、老いる前に考えるべき人生のパートナーのことや人生の後半に大切な人間関係をみつめ直します。自身の離婚経験や再婚生活を性生活にいたるまで赤裸々に。反『おひとりさまの老後』の心情で、孤独死しない明るい生き方をみつけます。(AH)
商品情報
書名(カナ) コンカツリカツロウゴノソナエ ゴジュウダイロクジュウダイハダイニノテキレイキ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2011年06月10日
ISBN 978-4-16-373220-6
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く