作品紹介

村上春樹、和田誠らとの、かめばかむほど味の出る映画談義

名作、大作、ヒット作はお呼びじゃない。噛めば噛むほど味の出る映画、それがするめ映画。映画好きの偏愛が炸裂する対談&鼎談集

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
村上春樹さんが潜水艦映画を、和田誠さんがミュージカル映画を語りはじめたら止まらないこと、ご存知でしたか? 名作、大作、ヒット作はお呼びじゃない。噛めば噛むほど味が出る、それが「するめ映画」。『東京するめクラブ 地球のはぐれ方』で“近場の秘境”を歩きつくした吉本由美さんと、都築響一、糸井重里、リリー・フランキーさんら一癖も二癖もあるゲストたちが、映画への偏愛を暴走気味に語りつくす、スパイシーな対談・鼎談集。(UN)
商品情報
書名(カナ) スルメエイガカン
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 2010年10月30日
ISBN 978-4-16-373230-5
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く