作品紹介

日本はなくなり、空っぽな国が! 三島由紀夫の予言的中

保守派の巨人が、保守化した現代日本に対して、何を思うか。学生時代、師事し肉声を聞いてきた弟子が、2人の気持ちを代弁して語る

担当編集者より
今年は三島由紀夫が壮烈な自決を遂げて40年。持丸氏は「楯の会」初代学生長として三島と自衛隊体験入隊を共にし、事件の1年前に会を辞めた。佐藤氏は福田恆存の学生秘書としてその肉声を聞いてきた。もし三島、福田という保守派巨人が生きていたら、今の日本をどう評するか。流動化する日本を断じ、知的刺激に満ちた思想対談。(KI)
商品情報
書名(カナ) ショウゲンミシマユキオフクダツネアリタッタイチドノタイケツ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2010年10月30日
ISBN 978-4-16-373250-3
Cコード 0095

著者

持丸 博

佐藤 松男

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く