作品紹介

今こそ教養を。日本人必携の1冊!

日露戦争から第二次世界大戦まで、日本人にとって戦争とは何なのか?——ベストセラー『昭和史』『幕末史』と並ぶ、著者渾身の書

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
大ベストセラー『昭和史』『幕末史』につづく、歴史探偵的「戦争史」がついに発売されます。日露戦争の勝利でおごってしまった日本は時を経て第二次世界大戦に突入し、信じがたい十死零生の特攻隊作戦も空しく敗戦……「歴史はいつも地続き」ということがクリアにわかる半藤本ならではの面白さに加え、今回は、今の日本にも通じるもの哀しさの中に、一筋の光を見つけていただけるような1冊です。「日本人」を意識した、和菓子のような美しい装丁とともにお楽しみ下さい。(AK)
商品情報
書名(カナ) アノセンソウトニホンジン
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年01月30日
ISBN 978-4-16-373510-8
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く