ユニクロ帝国の光と影

横田増生

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:2011年03月24日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

調査報道によって初めてユニクロと柳井正にメスをいれた

馴れ合い、お膳立て一切なし。ユニクロの真の姿に迫る。執行役員が次々辞めるのはなぜなのか? なぜ、正社員が1割しかいないのか?

担当編集者より
総崩れの日本企業のなかで、唯一気を吐く柳井正率いるユニクロ。だが、これまで独自調査によって柳井経営を精査したメディアはありませんでした。なぜ、執行役員が次々と辞めていくのか? なぜ、業績を回復させたにもかかわらず、社長・玉塚元一は、追い出されたのか。なぜ、中国の協力工場について秘密にするのか? 誕生の地宇部から、ユニクロ躍進の秘密を握る中国へ。そしてライバルZARAの心臓部スペインへ。グローバルな取材であぶり出す本当の柳井正とユニクロ。(SS)
商品情報
書名(カナ) ユニクロテイコクノヒカリトカゲ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年03月25日
ISBN 978-4-16-373720-1
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く