単行本
単行本

流転の王妃 愛新覚羅溥傑・浩 愛の書簡

福永嫮生

  • 定価:本体1,600円+税
  • 発売日:2011年10月13日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

満州最後の皇弟と、嵯峨侯爵家の令嬢の、海を越えた愛

政略結婚から真実の夫婦愛へ。15年にわたり日中で交わした愛の手紙を、新発見した娘が語る。ベストセラー『流転の王妃』の後日譚

担当編集者より
著者の旧姓は愛新覚羅(あいしんかくら)こせい。そう、あのラストエンペラー溥儀(ふぎ)の姪にあたり、満州国「最後の皇女」でもあります。父は溥儀の弟・溥傑(ふけつ)、母は嵯峨(さが)侯爵家の令嬢・浩(ひろ)。まさに「日満親善」のための政略結婚でしたが、実は夫妻は熱烈な愛情をはぐくんでいました。中国の戦犯収容所と、焼け跡日本の「海を越えたラブレター」をもとに、「流転の王妃」と呼ばれた母の数奇な、しかし「女として、妻としては恵まれた人生」を語る大河ノンフィクションです。(AW)
商品情報
書名(カナ) ルテンノオウヒアイシンカクラフケツヒロアイノショカン
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年10月15日
ISBN 978-4-16-374250-2
Cコード 0095

著者

福永 嫮生

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く