作品紹介

人気エッセイ「我が老後」シリーズ、いよいよの大団円!

佐藤愛子さんの人気エッセイシリーズ「我が老後」。雑誌連載開始から20年、今回がシリーズ最終巻。最後の(?)愛子節を堪能されたし!

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
1990年夏に『オール讀物』で連載が開始された佐藤愛子さんのエッセイ「我が老後」シリーズ。それから20年、単行本は6冊(「我が老後」「なんでこうなるの」「だからこうなるの」「そして、こうなった」「それからどうなる」「まだ生きている」)が刊行され、60代だった愛子さんも80代後半に——。「ケリをつけたくなってきた」愛子さんは本巻をシリーズの最後とすることを決心、渾身のエッセイ16本を収めました。思考・反応の曲折そのものが面白い、名エッセイシリーズの見事な終幕です。(YS)
商品情報
書名(カナ) コレデオシマイ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 B6判変型 上製 上製カバー装
初版奥付日 2011年11月10日
ISBN 978-4-16-374610-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く