作品紹介

芥川賞作家が挑む全く新しい人物批評

毛沢東・蒋介石から孔子・魯迅まで、中国4000年の歴史で重要な役割を果たした7人が登場。教科書には載らないエピソードが満載

担当編集者より
遡れば母親の胎内にいたときから、いつも聞かされていた毛沢東賛歌。彼の追悼集会で当時4年生の著者は、泣きじゃくる同級生を見回して疑問に思う。「毛沢東さま、貴方は本当は何者だったの?」蒋介石、孔子、始皇帝、魯迅、武則天—中国4000年の歴史に燦然と輝き、幼い頃から少なからず影響を受けてきた偉人たち。中国生まれの芥川賞作家が大陸を離れて、何を考えどの様に生きたのか。初めて書けた、新しい歴史人物譚です。(KK)
商品情報
書名(カナ) チュウゴクレキシジンブツゲッタン コウシサマヘノシンゲン
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2012年01月15日
ISBN 978-4-16-374830-6
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く