作品紹介

大女優からの虐待を乗り越えた、娘の記録

一人娘が見た、昭和の大女優・小川真由美の姿。虐待、ネグレクト、奇行の数々に耐え抜いた娘が赤裸々に描く、40年を越える母娘の愛憎

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
一人娘(父は細川俊之)が描く昭和の大女優の私生活、子供への接し方は「母親失格」と言わざるを得ないものだった——。娘を餓死寸前にまで追い込んだネグレクト、婚約もした橋爪功を含め次々と変わる男性関係、宗教への傾倒、事業の失敗……。著者は、心を痛めつけられながらも母との距離をとれず、苦しんできました。辛いエピソードが多いですが、ユーモアを交えて書かれており、理不尽な親に苦しんでいる子供にも読んで欲しい内容です。(NT)
商品情報
書名(カナ) ハハオガワマユミトノヨンジュウネンセンソウ ポイズンママ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2012年03月30日
ISBN 978-4-16-374840-5
Cコード 0095

著者

小川 雅代

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く