作品紹介

いのちを養う「食」の深意を探る日本人必読の書

日本の風土に適した「食といのち」をめぐり、各界の第一人者と考察を深める対談集。いのちを養う四季の粥、スープのレシピ付き

担当編集者より
母娘2代にわたって、日本の風土に根ざした「食」を探求してきた料理研究家・辰巳芳子氏。食の分野でも未曾有の危機となった震災後の日本において、何を指針として「いのち」を養うべきか各界の第一人者と語り合った対談集です。生物学者・福岡伸一氏、看護師・川嶋みどり氏、小児科医・細谷亮太氏、倫理学者・竹内修一氏が登場されます。「いのちを支える食べもの」「かけがえのないお粥」の写真、レシピ付き。「文藝春秋」人気企画の単行本化。(FY)
商品情報
書名(カナ) ショクトイノチ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2012年03月25日
ISBN 978-4-16-375090-3
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く