作品紹介

元サッカー日本代表キャプテンが語るリーダー論、サッカー論、そしてW杯の記憶。
2002年の日韓W杯での決勝トーナメント進出、2004年中国でのアジア杯優勝、そして2006年ドイツW杯での惨敗……。トルシエ、ジーコの両監督の下で、日本代表のキャプテンとしてチームを率い、成功と失敗をともに体験した宮本恒靖。2011年シーズン限りで引退を決意した彼が、日本代表から、そして現役生活17年間から学んだこととは何だったのか――。
本書は、宮本恒靖に密着しドイツW杯最終予選から引退までを追い続けた、雑誌『Number』での不定期連載企画「シリアス」を軸に、引退後に行なったロングインタビューを加え、チームリーダーとして宮本が学んだこと、トルシエジャパン、ジーコジャパンでの成功と失敗、海外移籍からJリーグ、そしてFIFA大学院に入学して、これからも学び続ける男の哲学に迫ります。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
昨シーズン限りで引退した元サッカー日本代表の宮本恒靖さん。引退後の彼は、国際サッカー連盟が運営するスポーツ学の大学院「FIFAマスター」に、入学します。日本代表の主将としてチームをまとめてきた、知的な選手らしい選択です。本書では、雑誌『ナンバー』での密着連載『シリアス』を基に、新たにロングインタビューを加え、日韓、ドイツW杯からJや海外まで、彼が何を学んできたのかを、明らかにします。(TY)
商品情報
書名(カナ) ミヤモトツネヤス マナブヒト
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製
初版奥付日 2012年07月15日
ISBN 978-4-16-375580-9
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く