作品紹介

著者は米国在住の映画監督で、第二次大戦時の日系アメリカ人をテーマにしたドキュメンタリー映画(日米合作)を撮り続けてきた。第1作「東洋宮武が覗いた時代」(2008年)は、強制収容所に収容された日系人の姿を撮り続けたカメラマンの物語。第2作「442――日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍」(2010年)では、「当たって砕けろ」を合言葉に欧州戦線で輝かしい戦歴を挙げた日系人部隊を描いた。そして第3作「MIS――日系情報部隊」(2012年12月公開)は日本軍の暗号解読や捕虜の尋問に活躍、「人間秘密兵器」と呼ばれた日系情報部隊の実態を取り上げている。この「日系三部作」の完成を機に、星条旗と大和魂の狭間で翻弄された日系人の知られざる歴史を、監督自ら執筆。あわせて、妻である女優・榊原るみとの生活、半死半生の大怪我をした交通事故の顛末、映画資金の集め方など、10年に及ぶ米国滞在での経験を踏まえた、ユニークなアメリカ論を展開する。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
11年前にグリーンカードを取得して渡米した著者は、現地で日系人社会と出会い、知られざる日系アメリカ人の歴史を記録することを決意。ドキュメンタリー映画『東洋宮武が覗いた時代』『442 日系部隊』『二つの祖国で』を製作します。本書は映画を通じて日系人を見つめてきた監督による、ユニークな日系人論であり、アメリカ論。「人間秘密兵器」と呼ばれた情報部員、元442兵士の戦争後遺症、強制収容所での日系人同士の暴動など、誰も知らなかった「二つの祖国」の真実が描かれています。(HS)
商品情報
書名(カナ) センキュウヒャクヨンジュウイチ ニッケイアメリカジントヤマトダマシイ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 軽装
初版奥付日 2012年09月15日
ISBN 978-4-16-375630-1
Cコード 0095

著者

すずき じゅんいち

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く