単行本
単行本

やる気とか元気がでる えんぴつポスター

金益見

  • 定価:本体950円+税
  • 発売日:2013年04月10日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

大阪市立東生野中学校、この学校では夜間学級が開設されている。主な生徒は戦争や貧困・病気・家庭の事情により、やむを得ず義務教育を修了することができなかった、60代以上の在日コリアン一世、二世である。日本語が話せても文字の読めないおばあさんたちが夜間中学の修業課程のなかで何を学び、成長していくのか。それをわかりやすく表現しているのが『えんぴつポスター』だ。
「生きる歓び」、「文字が読み書きできることの幸せ」、「学ぶことの楽しさ」などを綴った100篇を越えるポスターを眺めているだけで、「やる気」や「元気」、そして「頑張ろう」という気持ちが自然と湧いてきます。
巻末にはリリー・フランキー氏と著者との対談を掲載。「これ視覚的にも最高ですね。こういう、心の叫びが形になるのってとてもいい」(文中より)
目次
第1章 元気を出したい時に読む章
第2章 やる気を出したい時に読む章
第3章 行き詰まった時に読む章
第4章 夢と希望があふれる章
対談 リリー・フランキー×きむ・いっきょん(金益見)

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
戦争や貧困で義務教育を修了できず、日本語の読み書きが出来ない在日コリアン1世、2世。そんなおじいさん、おばあさんたちが大阪市生野区にある夜間学級で読み書きを学び、現在の心境を綴ったのが、本書の題材のえんぴつポスターです。「いま学ぶ喜び」、「これからの人生への希望」、「学校や周囲への感謝」などを、たどたどしくも独特な筆致で描いたポスターからは、これまでの苦労や困難さを超越した、前向きな思いが溢れています。手書きが持っている独特の力強さをお楽しみください。(TY)
商品情報
書名(カナ) ヤルキトカゲンキガデル エンピツポスター
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 B6判変型 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2013年04月10日
ISBN 978-4-16-375740-7
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く