作品紹介

絵で知るキリスト教はこんなにも面白い!

旧約【アダムとイブ、バベルの塔】から新約【受胎告知、最後の晩餐】まで、絵で読み解く21編の聖書物語。絵はすべてカラー掲載。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
ドイツ文学者で作家の中野京子さんは、『怖い絵』シリーズでもおなじみ、歴史と芸術に精通した名文家。「アダムには臍がないはずなのに」「イエスが12月25日生まれとは聖書のどこにも出てこない」など気になるポイントをちりばめながら、旧約聖書と新約聖書に登場するドラマと、それを西洋の人々がどう受け入れてきたかをわかりやすく解説してくれます。前作『名画の謎 ギリシャ神話篇』と同じく絵画はすべてカラー掲載で、主要絵画21点は引き出し線&詳細解説付き。「難しい」が「面白い!」に変わるエッセイです。(RU)
商品情報
書名(カナ) ナカノキョウコトヨミトク メイガノナゾ キュウヤクシンヤクセイショヘン
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2012年12月15日
ISBN 978-4-16-375930-2
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く