作品紹介

がん専門医が説く、自宅で平穏に迎える死

二千人以上を看取った肺がん専門医が説く、自宅で迎える平穏な死とは。自身もがんで2012年9月に死去。本書が遺言となった。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
3000人の最期を看取った医師は、自分の死に際して何を思うのか。肺がん専門外科医が在宅医療の第一人者となる経緯には何があったのか。著者が宮城在住の岡部医師のもとに通い詰めて取材した力作です。岡部氏は、抗がん剤の効用、在宅医療の光と影など、著者の疑問にすべて明快に答えてくれたそうです。また、在宅で平穏に最期を過ごすと、「お迎え現象」を体験する患者さんが多いとも。看取りの最終局面では、宗教的ケアも重要なようです。2012年9月、自身の死に際して岡部医師は若い僧侶に看取らせました。(MT)
商品情報
書名(カナ) ミトリセンセイノユイゴン ガンデヤスラカナサイゴヲムカエルタメニ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年01月25日
ISBN 978-4-16-376010-0
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く